学長・学部長あいさつ

学長からのメッセージ

学長 石井學

学長 石井 學

夢実現の礎を

本学は緑あふれるキャンパスで、アットホームな雰囲気のなか、ゆとりある学園生活を送ることがてきます。

本学の建学の精神は「公正、純真、奉仕、友愛」です。この建学の精神をもとに、道徳心を備え、教育学・保育学分野に関する専門性をもつ人材を養成したいと考えております。

教育学部では、現在の教育現場のいじめや不登校等さまざまな問題に真摯に向きあえる豊かな人間性と深い専門性をもった人材の育成を目指します。

そのため、学生一人ひとりの個性にあったきめ細かなサポートで学びの充実を応援し、主体的な判断力と行動力を兼ね備えた社会人に育て、羽ばたかせたいと考えております。

四年間の学園生活を、夢の実現の基礎を、あなたの未来を、育英大学から始めませんか。

学部長からのメッセージ

教育学部長 新井保幸

教育学部長新井 保幸

質の高い教育で優れた人材を育成

育英大学教育学部では、「幅広い教養と道徳心を持ち、主体的な判断と行動ができる教員の養成」を目的に、2018年4月開学しました。児童教育専攻では小学校・幼稚園の教員免許・保育士資格の取得、スポーツ教育専攻では中学校・高等学校の保健体育教員免許の取得が可能です。スポーツ教育専攻は、系列の前橋育英高等学校普通科Ⅳ類スポーツ科学コースとの高大連携を図り、指導力・技術の両面で優れた人材の育成が可能となった、特色あるコースといえます。狭き門といわれる保健体育教員ですが、一人でも多くの現役合格を目指して、養成に力を注いでいます。

また、少人数制ならではの手厚い教育方針も本学の特徴です。一学年100名ほどの定員に対し、19名の教員が学習面・生活面の指導にあたるため、学生一人ひとりへのきめ細かな対応を可能にしています。加えて、教員の約半数が博士号を取得。これは国立大学と比べても遜色ない教授陣といえ、質の高い授業を通じて専門的で高度な知識・技術の修得が望めます。