教育学部教育学科 児童教育専攻

専攻紹介

SECTION OF CHILD EDUCATION

アクティブ・ラーニング

アクティブ・ラーニング

アクティブ・ラーニングとは、学習者が受動的になってしまうのではなく、能動的に学ぶことができるような授業を行う学習方法です。学生が能動的に学ぶことによって認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた幅広い応用が可能な能力の育成を図る事を目的としています。
育英大学では積極的にアクティブ・ラーニングを取り入れ、教員による一方的な指導ではなく、体験学習やグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワークなどを通して主体性を身に付け、変化する教育環境に柔軟に対応できる人材を養成します。

保育実践力の充実

保育実践力の充実

長年、育英短期大学の保育学科で培ってきた保育指導技術をベースに、より高度な保育実践力を追及します。また多様化する保育業界からの人材要請に対応できるよう、子どもに関する様々な知識の修得も行います。
保育演習室では、乳児保育、子どもの保健、障害児保育などの演習科目のほか、幼稚園や保育所での保育を想定したより実践的な授業を行い、多様化・高度化する幼児教育を取り巻く環境の変化に対応できる人材の養成を目指します。

専攻長あいさつ

実績のある先生方が指導します。

児童教育専攻には幼稚園・小学校の先生を育てる学校教育コースと幼稚園の先生や保育士を育てる幼児教育コースがあります。共働き家庭の増加にともなって保育のニーズが高まり、幼児教育分野の就職は順調です。その一方、わが国の学校は様々な課題をかかえており、教職には大変な面もあります。しかし、こういう大変なときだからこそ、居心地のよい学校を作っていける意欲と情熱をもった先生を育てたいと思います。

児童教育専攻長 新井保幸教授

児童教育専攻長 新井 保幸教授