教育学部教育学科 スポーツ教育専攻

専攻紹介

SECTION OF SPORTS EDUCATION

アクティブ・ラーニング

アクティブ・ラーニング

アクティブ・ラーニングとは、学習者が受動的になってしまうのではなく、能動的に学ぶことができるような授業を行う学習方法です。学生が能動的に学ぶことによって認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた幅広い応用が可能な能力の育成を図る事を目的としています。
育英大学では積極的にアクティブ・ラーニングを取り入れ、教員による一方的な指導ではなく、体験学習やグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワークなどを通して主体性を身に付け、変化する教育環境に柔軟に対応できる人材を養成します。

保健体育の知識・技能を備えた地域スポーツ指導者の養成

保健体育の知識・技能を備えた地域スポーツ指導者の養成

地域スポーツと学校スポーツの一体化が重要視されているなか、国、地方公共団体等は生徒の多様なニーズ等に対応できるよう、各学校における部活動とともに総合型スポーツクラブの育成、充実に力を注いでいます。スポーツ教育専攻は、中学校・高等学校教諭免許状(保健体育)を取得しつつ、地域スポーツを支える質の高い指導者を養成します。

専攻長あいさつ

スポーツが好きな人にはピッタリの大学です。

スポーツ教育専攻の卒業後の進路は中学・高校の保健体育の教員だけでなく、幼児から高齢者に至る社会体育の指導者、警察官や消防士のような体力の要求される公務員など幅広い職業分野に開かれています。運動が好きで、スポーツを通して社会に貢献したいと考えている人はぜひ本学に入学してください。できたての大学に来て自分たちの力で新しい伝統を作り上げてゆきたいという気概のある方をお待ちしています。

スポーツ教育専攻長 朝岡正雄教授

スポーツ教育専攻長 朝岡 正雄教授