在学生・卒業生の声

在学生の声

たくさんの愛情を注げる保育者になりたい。

Hさん

保育学科2年

Hさん(前橋西高等学校出身)

子どもの頃から『幼稚園の先生になりたい』と憧れを持っていたので育短に入学しました。最初はなかなか弾けなかったピアノも、先生方に出来るまで指導していただけて、今では苦手意識もなくレパートリーを増やすことができています。保育実習では、学校で学んだエプロンシアターや絵本の読み聞かせで、子どもたちが楽しんでくれました。将来は子どもの成長を見守り、愛情を注ぎながら、自分自身も成長できる保育者になりたいです。

卒業生の声

なりたい保育士像を見つけることができる。

Aさん

あさひ 第二保育園勤務

2018年度 保育学科卒業

Aさん(高崎商科大学附属高等学校出身)

高校生の時から保育士という仕事に憧れていたので、保育学科のある育短への進学を決めました。在学中に実践的な授業を受けることが出来たので、実際に働いてからも色々な場面で役立てることができています。今は0才児のクラスを担当していますが、赤ちゃんの沐浴や夏の水あそびの授業などは、その時に学んできたことが活きています。また、育短で共に学んで保育士になった友人達や、先輩達とも今もつながりがあり、現場についていろいろなことを話すことで、自分のなりたい保育士像を見つけることができました。

保育といえば育英短期大学

Kさん

認定こども園 すみれものがたり勤務

2016年度 保育学科卒業

Kさん(群馬県立渋川女子高等学校出身)

保育といえば育英短期大学。就職率の高さ、過去の就職先などを見て、具体的な見通しができるこの学校に入学を決意しました。
育短は座学だけでなく、手遊びや身体を動かして遊んだりと実践的な授業が多く、現場でとても役に立ちました。先生方もとても親身で、保育実
習の時に「大丈夫?」と声を掛けてくださったり、就職活動の手厚いサポートには今でも感謝しています。保育はすべてがケースバイケース。勉強の毎日です。子どもたちが求めていることをより理解してあげられる保育士になりたいと思います。

ページトップへ戻る