授業科目、授業の方法及び内容並びに年間行事計画に関すること




カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)




保育学科

  1. 国際的視野の涵養、健康管理の徹底、および教養の向上のために「基礎科目」を設置する。
    また、基礎学力の向上のために「自由科目」を設置する。
  2. 2年間一貫して,建学の精神を涵養しながら,学生の成長を支援する柱となる「基礎演習科目」「実践演習科目」を配置する。
  3. コミュニケーション能力の育成のために「基礎リテラシー科目」を設置する。
  4. 幼児教育・保育分野の専門的知識・技術を幅広く扱う「専門基礎科目」「専門発展科目」を配置する。特に、いわゆる「保育の5領域」について、特に表現領域を重視し,これを「幼児音楽」「幼児美術・造形」「幼児体育」「児童文化」の4系統に区分して重点的な科目配置を行う。
  5. 幼稚園教諭免許状および保育士資格を取得するための「実習系科目」を配置する。
  6. 本学卒業生の幼稚園教諭免許および保育士資格が保証する資質能力を維持・向上させるために,「実習参加要件」「免許・資格を取得しない卒業」「現代コミュニケーション学科学生の本学科幼稚園教員養成課程の履修」を別に定める。



現代コミュニケーション学科

  1. 社会に求められる基礎的な教養を修得させるために「基礎科目」を設置し、幅広い職業人として役割を果たすことができるように教育する。
  2. コミュニケーションについての基礎的な理論に基づく知識と問題解決能力、キャリアについての知識及び能力を修得させるために「専門教育科目」の中に「学科必修科目」を設置し、主体的に判断して行動することができるように教育する。
  3. 社会で必要なコミュニケーションにかかわる専門的知識及び技能を修得させるために「専門教育科目」の中に「選択科目」を設置し、実社会の多様な分野でコミュニケーションを実践することができるように教育する。
  4. 学修意欲や卒業後の進路に応じた知識及び技能を修得させるために「教職科目」と「自由科目」を設置し、コミュニケーションを応用することができるように教育する。



2019年度 学事日程




2019年度 時間割

ページトップへ戻る