専攻紹介

スポーツ教育専攻

スポーツ教育専攻では、体育・スポーツに関する専門的な知識とその知識を統合的に理解し、応用することができる人材を養成します。

取得できる免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 認定心理士

スポーツ教育専攻の特長

部活動の指導ができる中学校・高等学校の体育教員の養成

平成29年4月より中学校や高等学校で部活動の指導や大会への引率を行う「部活動指導員」が学校職員に位置付けられています。
スポーツ教育専攻は、中学校・高等学校教諭免許状(保健体育)を取得しつつ、部活動の教育的な意義や体罰の禁止などの理解を促す「運動部活動の指導法」「コーチング論」「スポーツ指導法」などの科目を配置し、部活指導の専門家を養成します。
また、「駅伝」「女子バレーボール」「レスリング」などの各種部活動に力を注ぎ、指導する側・指導される側の両方の目線に着目できる教員を養成します。

保健体育の知識を備えた地域スポーツ指導者の養成

地域スポーツと学校スポーツの一体化が重要視されているなか、国、地方公共団体等は生徒の多様なニーズ等に対応できるよう、各学校における部活動とともに、地域における総合型地域スポーツクラブの育成、充実に力を注いでいます。
スポーツ教育専攻は、中学校・高等学校教諭免許状(保健体育)を取得しつつ、「地域スポーツ指導Ⅰ・Ⅱ」「体育経営管理学」「健康実践運動指導Ⅰ・Ⅱ」「スポーツ指導法」「運動プログラム管理」など、地域における幅広い指導ができる科目を配置し、地域スポーツを支える質の高い指導者を養成します。

ページトップへ戻る