ニュース&トピックス

気象警報発令時における授業・定期試験の取扱いについて

お知らせ
2016年01月29日

本学の所在地域(高崎市)に気象警報 (大雪警報)、(暴風警報)、(大雨警報)が発令された場合には、

発令期間中の授業を全て休止とし、定期試験は延期とします。

なお、同警報が解除された場合の授業・定期試験の取扱いは次のとおりです。

〈警報解除時刻〉 〈取扱い〉

  • 午前 6時までに解除された場合 ⇒ 第1時限から実施
  • 午前10時までに解除された場合 ⇒ 第3時限から実施

※授業又は定期試験を実施中に「大雪警報」、「暴風警報」または「大雨警報」が発令された場合は、原則としてその時限は実施し、次の時限以降を休止または延期とします。状況によっては、授業中であっても授業休止とする場合や地震その他の災害によっても休止とする場合がありますので、掲示連絡等には注意してください。

※「群馬県北部」に警報が発令されていても、「高崎市」とは限りません。必ず自身で、詳細を調べてください。

戻る

ページトップへ戻る