医療情報ビジネスコース

高度なコンピュータスキルと情報活用力を身につけ、医療現場を支える人材を育成。

コンピュータ技術や情報発信能力を含めた情報活用力はあらゆる分野に共通するスキルとなっています。 医療情報ビジネスコースでは、情報活用力を高め、医師や看護師、薬剤師などの医療従事者をサポートする医療事務職・医療秘書から企業の一般事務職まで幅広い分野で活躍する人材を育成します。

特徴のある科目紹介

医療秘書実務

医療秘書実務

医療機関での受付対応や診療報酬請求、レセプト作成など、医療秘書の役割を理解し、その知識と技術を身につけます。

学びのポイント

  1. 医療事務として働く基礎を身につけます。
  2. コンピュータの仕組みを理解し、実社会において活用することができます。

卒業後の進路

  • 医療事務
  • 医療秘書
  • 一般企業
  • IT関連企業 など

取得可能資格

  • 秘書検定
  • メディカルクラーク
  • 日商PC検定
  • 医療管理秘書士
  • 日商簿記検定
  • 医療秘書技能検定
  • 情報処理士
  • ドクターズクラーク
  • プレゼンテーション実務士 など

先輩からのメッセージ

Mさん

現代コミュニケーション学科

医療情報ビジネスコース2年

Mさん(埼玉県立本庄高等学校出身)

オープンキャンパスに2回参加しました。先生と先輩が楽しそうに会話をしている様子を見て、私もここで学校生活を送りたいと思うようになりました。
医療事務に関するものはもちろん、心理学や体育実技など自分が興味のある授業を受け、将来の選択肢を広げる努力をしています。最近では医療事務技能審査試験の資格取得に向け特別講習を受けていますが、先生の指導が的確でとてもわかりやすいです。
育短での経験を生かして、希望する道に進めるようがんばりたいと思います。

ページトップへ戻る