在学生・卒業生の声

在学生の声

明るく元気な保育者になるには 育短以外の選択肢はありません!

Mさん

保育学科2年

Mさん(群馬県立渋川青翠高等学校出身)

中学生の時に幼稚園へボランティアで行ったことが、保育者を目指そうと思ったきっかけでした。群馬県では「保育=育短」というほど有名で、その名の通り保育学科の就職率は100%です。実践的な授業が多く、楽しくわかりやすく指導くれるところも育短の特長だと思います。実習に行った時は、授業で作ったおもちゃで子どもたちが喜んでくれたり、授業で習った場面が何度か出てきたので、自信を持って取り組むことができました。将来は子どもたちや保護者の方々からも信頼される、明るく楽しい先生を目指したいです。

アットホームな雰囲気の中で 楽しく保育を学びませんか?

Hさん

保育学科2年

Hさん(群馬県立伊勢崎高等学校出身)

育短は学生同士はもちろん、先生との距離がとても近く、すごくアットホームな学校です。先生に気軽に話しかけられるので、授業でわからなかったところを聞きに行った
り、雑談をしたりして、楽しく学校生活を過ごしています。ピアノの授業では、わかりやすい指導はもちろん、個人レッスンもしてくれるので、ピアノの上達がとても早かったです。これから保育実習が始まるので、1年生の時の実習の反省点を踏まえて、子どもたちに喜んでもらえるよう準備したいと思います。憧れの保育士までもう一歩です。

卒業生の声

一番うれしいことは、子どもたちの成長を実感できること。

Sさん

秋平さくら保育園勤務

平成26年度 保育学科卒業

Sさん(埼玉県立本庄高等学校出身)

育短の保育学科は、実際に現場で活躍されている先生が教えてくださるので、そのまま実践に活かせる授業が多く、授業で覚えた「猛獣狩りゲーム」は当保育園の園児たちにも大好評です。保育士をやっていて一番うれしいことは、子どもたちの成長を実感できることだと思います。子どもたちも十人十色、自分の気持ちをうまく伝えることのできない子もいて、ある日その子が自分の言葉で私に伝えようとがんばっている姿を見たとき、この仕事をやっていてよかったとすごく感動してしまいました。心強い先輩方に支えられ、保育士という素晴らしい仕事を、これからも長く続けていきたいと思います。

子どもたちの笑顔を見ることが保育者としての喜びです。

Mさん

富士見幼稚園勤務

平成26年度 保育学科卒業

Mさん(群馬県立渋川青翠高等学校出身)

小学校の頃、まだ幼かった従兄弟の世話をしていたことが、保育者を目指すきっかけになりました。育短では、園長先生やその道に詳しい先生方が授業をしてくださるので実践的なものが多く、また授業でも活用していて、子どもたちも喜んでいます。サークルもたくさんあり、充実した2年間を過ごすことができました。保育者の喜びは、子どもたちの笑顔や一生懸命がんばっている姿を見ることです。素直な子どもたちと接する中で日々発見があり、子どもたちと共に成長している自分に気付かされます。十人十色、子どもたち一人ひとりの個性を認め、さらに長所を伸ばしていける保育教諭になれるよう、がんばろうと思います。

子どもたちのがんばりに いつも勇気をもらっています。

Tさん

ねむの木こどもの森勤務

平成27年度 保育学科卒業

Tさん(群馬県立高崎商業高等学校出身)

昔から自分より年下の子どもたちと遊ぶことが大好きだった私は、夢である保育士になるため育短に入学しました。育短は保育演習室など保育を学ぶための環境が整っていて、より実践的な授業を受けることができました。また佐藤先生の作文の授業で正しい日本語を学習できたことが、資料を作ったり日誌を書く時など、事務作業でとても役に立っています。現在は1歳児のクラスを担当しています。幼い子どもたちですから、なかなか言うことを聞いてくれないこともしばしば。そんな時は、育短の先生から教わったことを思い出し、子どもたちの心を捉えるような対処法を考えています。発表会や運動会で、子どもたちががんばっている姿を見ることが、保育士として一番の喜びであり、
やりがいに繋がるのだと思います。

ページトップへ戻る