カリキュラム

なりたい先生像になれる!それぞれの個性を生かせるカリキュラム

幅広い知識・教養を習得し、実践で活きる実技能力獲得へ

基礎科目でベースとなる知識と教養を学び、専門教育科目において、各専門領域の理解を深めます。さらに発展・応用科目で、保育現場で活きる総合的な表現力を養うことで、それぞれの保育力を多角的に身につけていきます。

カリキュラムの仕組み

ステップ1:基礎科目(幅広い知識と教養を養う)+ステップ2:専門教育科目(保育の専門知識を学ぶ+保育の技能(4種類)を学ぶ)
保育の技能(幼児音楽系、幼児美術・造形系、児童文化系、幼児体育系)

独自プログラム

「自分のなりたい先生像」に合わせて系統を選択!4系統プログラム

高度な保育技能を養うため、音楽、美術・造形、児童文化、体育の4系統プログラムを導入しています。それぞれの系統において、子どもの発達を 促す遊びの援助について学びます。1年次の専門科目を基に、2年次には自己の能力に応じて、保育現場で必要とされる科目を選択できます。

  • 音楽の専門性を伸ばしたいなら

    幼児音楽系

    幼児音楽系
    伴奏法Ⅱ
    幼児の声や発達に応じたピアノ技能を養う
    和音の知識、簡易伴奏の編曲、身体表現を引き出す即興演奏、作曲法などを学びます。
    関連授業
    • 音楽表現(指導法)Ⅰ
    • 音楽表現(指導法)Ⅱ
    • 音楽表現(指導法)Ⅲ
    • 音楽表現(指導法)Ⅳ
    • 演奏法Ⅰ
    • 演奏法Ⅱ
    • 伴奏法Ⅰ
    • 伴奏法Ⅱ
  • 美術・造形の専門性を伸ばしたいなら

    幼児美術・造形系

    幼児美術・造形系
    幼児美術
    幼児の造形に関する表現方法を学ぶ
    実技を通じて造形素材や材料に着目しながら、幼児の造形表現の意義や指導法を研究します。
    関連授業
    • 造形表現(指導法)Ⅰ
    • 造形表現(指導法)Ⅱ
    • 図画工作Ⅰ
    • 図画工作Ⅱ
    • 幼児美術
  • 児童文化の専門性を伸ばしたいなら

    児童文化系

    児童文化系
    児童文化Ⅰ
    わらべうた・紙芝居・絵本を演じる力を養う
    児童文化の知識に加え、子どもたちの前で紙芝居などの実演を磨きます。
    関連授業
    • 児童文化Ⅰ
    • 児童文化Ⅱ
    • 児童文化Ⅲ
    • 保育技能特別演習
  • 幼児体育の専門性を伸ばしたいなら

    幼児体育系

    幼児体育系
    運動あそび(指導法)Ⅰ
    幼児期のあそびや運動技能の指導法を学ぶ
    集団あそびや伝承あそび、走る、跳ぶなどの基礎運動技能の指導法や安全管理を学びます。
    関連授業
    • 運動あそび(指導法)Ⅰ
    • 運動あそび(指導法)Ⅱ
    • 幼児体育Ⅰ
    • 幼児体育Ⅱ

カリキュラム一覧(平成28年度)

幅広い教養を養う基礎科目をベースに、保育に関連する専門的な知識・技能を身につける専門科目を配した独自のカリキュラムにより、実践の場で活きる総合的な表現力を磨きながら、即戦力となる高い保育技術を習得します。

基礎科目

  • 法学(日本国憲法を含む)
  • ホスピタリティ論
  • 心理学
  • 倫理学
  • 現代の教育
  • 国際文化論(異文化理解)
  • 地域文化論
  • 情報メディア論
  • 自然と生活
  • 現代社会のしくみと生活
  • 体育講義
  • 体育実技
  • 英語Ⅰ
  • 英語Ⅱ
  • コリア語Ⅰ
  • コリア語Ⅱ
  • 中国語Ⅰ
  • 中国語Ⅱ

専門教育科目

基礎リテラシー科目
  • 保育者基礎演習Ⅰ
  • 保育者基礎演習Ⅱ
  • 保育者のマナー演習
  • 日本語の表現法Ⅰ
  • 日本語の表現法Ⅱ
  • 日本語の表現法Ⅲ
  • 情報基礎Ⅰ
  • 情報基礎Ⅱ
保育・幼児教育の本質・目的に関する科目
  • 保育原理
  • 教育原理(教育課程を含む)
  • 児童家庭福祉
  • 社会福祉
  • 相談援助
  • 社会的養護
  • 保育者論
  • 教師論
  • 現代子ども社会論
保育・幼児教育の対象の理解に関する科目
  • 保育と発達の心理学Ⅰ(障害児の発達を含む)
  • 保育と発達の心理学Ⅱ
  • 子どもの保健Ⅰa
  • 子どもの保健Ⅰb
  • 子どもの保健Ⅱ
  • 子どもの食と栄養Ⅰ
  • 子どもの食と栄養Ⅱ
  • 家庭支援論
  • カウンセリング(教育相談・幼児理解を含む)
保育・幼児教育の内容・方法に関する科目
  • 保育課程論
  • 保育内容総論(教育方法を含む)
  • 健康(指導法)
  • 人間関係(指導法)
  • 環境(指導法)
  • 言葉(指導法)
  • 造形表現(指導法)Ⅰ
  • 造形表現(指導法)Ⅱ
  • 音楽表現(指導法)Ⅰ
  • 音楽表現(指導法)Ⅱ
  • 音楽表現(指導法)Ⅲ
  • 音楽表現(指導法)Ⅳ
  • 乳児保育演習Ⅰ
  • 乳児保育演習Ⅱ
  • 障害児保育Ⅰ
  • 障害児保育Ⅱ
  • 社会的養護内容
  • 保育相談支援
  • 乳児保育論
  • 在宅保育論
  • 病児支援論
保育・幼児教育の表現技術
  • 運動あそび(指導法)Ⅰ
  • 運動あそび(指導法)Ⅱ
  • 幼児体育Ⅰ
  • 幼児体育Ⅱ
  • 演奏法Ⅰ
  • 演奏法Ⅱ
  • 伴奏法Ⅰ
  • 伴奏法Ⅱ
  • 図画工作Ⅰ
  • 図画工作Ⅱ
  • 幼児美術
  • 児童文化Ⅰ
  • 児童文化Ⅱ
  • 児童文化Ⅲ
  • 保育技能特別演習
実習
  • 保育実習指導Ⅰ(保育所)
  • 保育実習Ⅰ(保育所)
  • 保育実習指導Ⅰ(施設)
  • 保育実習Ⅰ(施設)
  • 保育実習指導Ⅱ(保育所)
  • 保育実習Ⅱ(保育所)
  • 保育実習指導Ⅲ(施設)
  • 保育実習Ⅲ(施設)
  • 幼稚園教育実習指導
  • 幼稚園教育実習
実践演習
  • 保育実践演習
  • 教職実践演習(幼)
自由科目
  • Basic Studying
  • Career Studying
  • 就職対策特講
ページトップへ戻る