建学の精神

「公正・純真・奉仕・友愛」の道徳理念を培い、つねに国際的視野に立って、世界の平和と社会の福祉に貢献できる人材を育成することを使命とする。

 本学はこの理想に向かって、保育学科にあっては優れた保育者の育英を目指し、現代コミュニケーション学科にあっては人間理解に立って現代社会の様々な課題に対応できる人材の育成を目指す。

 およそ私学の因って立つ基本は、建学の理想に支えられ、勇気と実践力・逞しい創造力によって、その真意を世に問うことである。

教育理念と教育目標

育英短期大学では、「教育とは、学生と教職員の信頼関係の構築を基盤とし、学生と教職員が一体となって創りあげるもの」を教育理念としています。また、育英短期大学全体の教育目標としては、「学生中心の教育を目指すこと」とし、保育学科においては、優れた保育者の育成を目指し、また、現代コミュニケーション学科では、人間理解と国際的視野に立って高い教養と専門的な知識・技術を習得させ、社会の各分野で活躍できる人材の育成を目指しています。

なお、下の4点を具体的な教育目的達成のための施策として大学全体で取り組んでいます。

1:高い専門性と特徴を持った個性のある
人間性豊かな学生の育成 2:多彩かつ質の高いカリキュラムの提供、学校行事とクラブ活動の充実化 3:信頼される大学づくりと満足度の高い学生生活の支援 4:就職率100%の実現に向けた教職員一丸となった指導・支援体制づくり
ページトップへ戻る