スポーツ科学コース

身体のメカニズムと運動についての知識を習得して、人々のスポーツと健やかな生活を支える人材へ。

生涯スポーツや健康管理のためのスポーツについて、正しく安全な運動を指導できる人材が求められています。 本コースでは、身体のメカニズムとスポーツ指導の方法を学び、生涯スポーツの指導者となるために必要な知識と技術を習得します。

特徴のある科目紹介

スポーツ実技Ⅰ

スポーツ実技Ⅰ

トップレベルの指導者による実技指導

サッカー・バレーボールなどの球技を中心に、実技指導を行います。単なる技術トレーニングではなく、指導者・審判員になるための基礎知識も併せて学びます。

学びのポイント

  1. 身体の特性と運動の機能について、理論と実践でバランス良く学びます。
  2. インストラクターや競技指導者となるための各種資格の取得を目指します。
  3. 健康で快適な社会生活を送るために必要な知識を身につけます。

卒業後の進路

  • スポーツクラブ
  • 幼稚園
  • フットネス産業
  • 4年制大学編入
  • 一般企業 など

取得可能資格

  • 幼稚園教諭二種免許
  • ジュニアスポーツ指導員 (公認指導者)
  • ピアヘルパー
  • スポーツリーダー
  • スポーツクラブインストラクター
  • 子ども身体運動発達指導士
  • スポーツクラブマネジャー
  • 中高老年期運動指導士 など

先輩からのメッセージ

プロゴルファーになるためスポーツの基礎を勉強中です。

Kさん

現代コミュニケーション学科

スポーツ科学コース2年

Kさん(共愛学園高等学校出身)

私はプロゴルファーを目指していて、スポーツに関する知識を身につけたいと思い育短を選びました。スポーツ系のコースがある短大は、県内では珍しいですよね。ジュニアスポーツ指導員の資格が取得できるのも魅力的でした。授業は実技が多く、トレーニング方法や子どもたちへの指導方法など身をもって体験することができます。日体大の先生や元プロのスポーツ選手が指導してくれることも心強いです。育短
で学んだ知識を活かして、夢のプロゴルファーへの道を進みたいと思います。

ページトップへ戻る