医療情報ビジネスコース

高度なコンピュータスキルと情報活用力を身につけ、医療現場を支える人材を育成。

コンピュータ技術や情報発信能力を含めた情報活用力はあらゆる分野に共通するスキルとなっています。 医療情報ビジネスコースでは、情報活用力を高め、医師や看護師、薬剤師などの医療従事者をサポートする医療事務職・医療秘書から企業の一般事務職まで幅広い分野で活躍する人材を育成します。

特徴のある科目紹介

プレゼンテーション演習Ⅱ

プレゼンテーション演習Ⅱ

実践に役立つ、効果的なプレゼンテーション表現を身につける

ワープロや表計算、画像処理のソフトを利用し、企画書・報告書・パンフレットを作成しながら、図解表現やレイアウトなど、プレゼンテーションに必要な資料の作成に関する知識・技術を習得します。

学びのポイント

  1. 一般事務職に共通する情報処理関連の知識・技能を身につけます。
  2. 医療事務や医療秘書など、医療分野に関する資格取得が可能です。
  3. 医療スタッフと連携を図るため、医学的な基礎知識も学びます。

卒業後の進路

  • IT関連企業
  • 一般企業
  • 医療事務
  • 医療秘書 など

取得可能資格

  • 情報処理士
  • メディカルクラーク
  • プレゼンテーション実務士
  • 医療管理秘書士
  • 日商PC検定
  • 日商簿記検定
  • 秘書検定
  • 医療秘書技能検定 など

先輩からのメッセージ

医療のことはもちろん、 一般的な事務知識も身につきます。

Mさん

現代コミュニケーション学科

医療情報ビジネスコース2年

Mさん(東京農業大学第二高等学校出身)

将来の夢が明確でなかった私は、色々なジャンルの授業を受けられる育短で、自分の夢を見つけようと思いました。育短の良さは何と言ってもみんなの仲の良さ!学生同士はもちろん先生との距離感が近いので、どの授業も楽しく学ぶことができます。このコースでは、Wor d、Excel などパソコンを使うことが多く、最初は専門知識を覚えることに精一杯でしたが、授業を重ねる毎に随分と上達できたと感じています。将来は事務の仕事をしたいので、資格取得、就職活動をがんばりたいと思います。

ページトップへ戻る